審査員プロフィール

横笛奏者

狩野嘉宏(かりの よしひろ)

30代半ばで出会った篠笛に運命を感じ、この楽器に生涯を託す決心をする。
稀代の横笛奏者 鯉沼廣行を師と仰ぎ、師事する。
湧き上る思いを笛の音に乗せ、世に放つことを最高の喜びと感じながらも、表現者としての更なる路を探る日々を送っている。
CD「星河」「横笛とピアノが抒情歌をJazzのテイストでうたう」「星月花」、DVD「菊」、曲集「狩野嘉宏 篠笛作品集」、教本「初級教本 基礎編 篠の音」その他、作曲作品を多数出版。
宇都宮大学教育学部非常勤講師。

 


邦楽ジャーナル代表・編集長

田中隆文 (たなか たかふみ)

邦楽ジャーナル代表取締役・編集長。1987年月刊誌「邦楽ジャーナル」を創刊。99〜2005年、日本初の邦楽専門ライブハウス「邦楽ジャーナル倶楽部・和音」開業。01〜10年「日本の音フェスティバル」企画制作。06〜10年NYで「Hogaku:New Sounds of Japan」プロデュース。06〜18年和楽器業界月刊紙「和楽器文化」発行。10年「宇宙箏」を小川楽器と製作、山崎直子宇宙飛行士が宇宙ステーションで演奏。11〜17年野坂操壽・沢井一恵コンサート全国ツアー企画制作。12年京都で、18年ロンドンで国際尺八コンクール主催。

 

 


サンポーニャ、ケーナ奏者

岡田浩安(おかだ ひろやす)

アンデスの笛「サンポーニャ」、「ケーナ」の奏者。アンデス音楽をはじめ、様々なジャンルのアーティストとの共演、即興音楽まで幅広いシーンで活動する。ギター、チャランゴなども演奏するマルチプレーヤー。現在までに4枚のソロ作品のほか多数の録音に参加している。現在、演奏活動の他、プロデュース、音楽製作楽器のワークショップなど幅広い活動を行っている。日本を代表するアンデス音楽ユニット「MAYA」のメンバー。

 

 


全日本横笛コンクール実行委員会 委員長

佐藤ぶん太、(さとう ぶんた)

幼少からお祭りが大好きで、3歳から祭り囃子 (弘前ねぷた祭り)の囃子を始め、9歳から横笛を始める。

1994年
青森県の囃子最高峰の大会お山参詣・第48回青森県下 登山囃子奉納本大会において高校三年生という史上二番目の若さ で優勝。その後同大会6度の優勝をする。

2007年
津軽笛をもっと広げようと横笛普及プロジェクトを開始。 郷土芸能にとどまらず、囃子と笛の伝承活動と自らの演奏活動を本格的に始め、独自の津軽PR方法を作り出し始める 。

2009~2011年
津軽笛を世界へ発信するため、ねぷた囃子でギネス記録を樹立しようと決意、ワーキンググループを立ち上げる。その間4,000人以上への指導を行ったのも功を奏し、3,742名の笛合同合奏者数ギネス世界記録を樹立、広く全国で取り上げられる。

2012年
津軽笛で地域づくりを進める「津軽笛の会」設立。 「観る・学ぶ・交わる」をコンセプトに津軽の囃子を一同に集め、ワークショップとコンサートを行うイベント「津軽笛博覧会」を始める。

2015年
邦楽全国紙「邦楽ジャーナル」で津軽笛博覧会の内容を特集記事で掲載。 埼玉で開催された日本太鼓協会主催の太鼓日本一決定戦でゲスト演奏をし脚光を浴びる。

2016年
ニューヨークとメキシコでの海外ツアーを行ない高い評価を得る  同年、日本の横笛はもっと可能性を秘めていると確信し、 日本唯一の生演奏コンクール全日本横笛コンクールを立案、 次世代への道も作るべく奔走し始める。

2017年
2年連続でニューヨークへツアーを行い演奏の幅を更に広げる。

シンガポールで津軽笛WSを行う。

2018年
Dance ×男子新体操のプロ集団「BLUE TOKYO」の東京ドームでのパフォーマンスで音楽プロデューサー兼奏者として共演、高い評価を得る。

 

 


公益財団法人弘前観光コンベンション協会 顧問

今泉良郎(いまいずみ よしろう)